保育士のエプロンって何?

保育士のエプロンって一体どのような物だろう?保育士の身に着けているエプロンと言えば無地のシンプルなエプロンや子供に人気のキャラクターエプロンがイメージできます。

保育士のエプロンは仕事着であり、サラリーマンでいうスーツみたいなものだと思います。エプロンを着けている時間は仕事時間のほとんどを占めます。だからしっかりと選ぶ必要があります。

極端な話を言えばエプロンで人気が出る可能性もあると思います。キャラクターエプロンを着用していればそのキャラクターが好きな子供は先生に話かけてくるでしょう。

保護者の方に会う時には「いつも青のエプロンをしている先生」など一つの特徴として覚えてくれやすくなったりと保育士にとってエプロンとは大切な物だと思います。

保育士という仕事柄、子供と触れ合う機会が多く保護者と会う機会も多いです。やはりシンプルなエプロン、キャラクターエプロンのシンプルな物がおすすめだと思います。

保育士のエプロンおすすめのショップはここ

キャラクターエプロンを主に販売されています。

保育士エプロンはこちらから

価格も1000~3000円程度で販売されています。きっと保育士さんに役立つエプロンがあると思います。

保育士のエプロン1つで印象が変わる

保育士さんのエプロン姿を見るととても安心します。朝「おはようございます!」の元気な笑顔とエプロンが、子供はもちろん、保護者にも安心感を与えると思います。

無地でも明るい色…例えばピンクやレモン色などパステルカラーなんかは保育士さんの笑顔をさらに明るく元気に見せてくれる。

キャラクターのついてるエプロンも、そのキャラクターを好きな子どもと会話のきっかけになったり、お弁当箱やハンカチなどが先生とお揃いだと喜んだり。

どちらにしても保育士さんの人柄にプラスしてエプロン効果ってあると思います。かく言う私も出産前は保育士でした。毎日泣いている子とキャラクターのエプロンで話のきっかけを作ったり、そのまま涙を拭くタオルにも早変わり、時々はこっそりポケットにお手紙やどんぐりが入っていたり、なんか子供たちとの連絡ポストのような役割もしてくれていました。

そもそもエプロンっていう印象が昔からの「お母さん」のイメージと重なるし、母親の次に子供たちに近い…むしろ母親の代わりの保育士には必要なアイテムなんだなと思います。今の時代、お母さん達は毎日エプロンつけて家事をしたりしている方は少ないでしょうが、それでもなんとなく母親と同じ安心感を抱かせるイメージなのではないでしょうか?

実験したことはないけど、例えばエプロンをつけた女性とそうでない女性。どちらが安心感があるか?または優しそうか?などの実験をしたら面白いでしょうね。きっとエプロンをつけた女性の方に軍杯があがるのではないかと思います。

のエプロンを引っ張って群がってくれていた子供たちが懐かしい。みんなやっぱり好きでしたよエプロン。男の子も女の子も好きでしたね。やはり安心感!なんでしょうね。

そこまで意識してはいなかったけど、保育士時代、プライベートでどんな嫌な事があっても、エプロンをつけると自分も子供たちにとって聖母モードに入るというか、一気に「先生」になりましたもんね。

保育士エプロンはこちらから

価格も1000~3000円程度で販売されています。きっと保育士さんに役立つエプロンがあると思います。

このページの先頭へ