保育園での子供の遊び

保育園や保育所のグラウンドで子供達が好き勝手にいつもグランドを駆け回っていますが、どのような遊びをしているのか?

保護者の人は子供に話を聞いているかもしれませんが気になる所だと思います。何でいつもどろんこなのか?怪我をしているのか?そこで子供達がよくしている遊びについて説明していきたいと思います。

まずは私たちの時代にもありましたどろんこ遊びです。子供達に人気の遊びの1つで家庭ではできない遊びという事で保育園にいる時にみんなどろんこになっています。

私も子供の頃はこのどろんこ遊びが好きでした。穴を掘ってどろを集めてそれをだんごにする。最初はベトベトなどろを使ってだんごを作りますが、できたらその上からサラサラの砂をかけて仕上げていきます。

乾燥するとピカピカに硬くなりキレイに仕上がりおもしろかったです。保育士の中には爪にどろが入ったりして苦手な先生が多いと思います。

どろんこ遊びをしていると知らないうちにエプロンもどろんこになっているので外せる時は外してやりましょう。最近は衛生的にあまり良くないとい事で保護者から控えてほしいという声も聞かれます。

しかし幼い頃にばい菌への抵抗力や免疫力をつける意味で必要かと思います。どろんこ遊びを禁止してしまったら何か寂しい感じがしますし誰もが通る道かなと思います。

そしてグランドを見渡せば絶対に遊んでる遊び縄跳びです。年長ぐらいになってくるとできる遊びでできるようになるまでに少し時間がかかります。

しかしできるようになった時の子供達の喜びはものすごく、かならず先生に報告して一緒に縄跳びをします。大縄跳びをみんなで行い、何回跳べるかをチームに分けて競ったりしています。

そして最近人気絶好調なのがサッカーです。ワールドカップの影響や日本のサッカーレベルの向上とともにサッカーをする子供達が増えてきています。

サッカーボールを蹴って遊んでいます。この時期からサッカーボールに触れ合うというのは非常に良い事で、良い運動になります。

そして将来サッカー選手になるなど夢をもって小学校に上がってもらえれば最高かなと思います。

保育士エプロンどこで買う?

このページの先頭へ