保育士の一日の流れ

保育士は拘束時間が長く、帰宅時間も遅い大変な仕事なんですがここで保育士の一日の流れを見ていきたいと思います。

  • am7時 開園
  • 子供の受け入れ
  • 朝礼
  • 体操
  • 子供と自由遊び
  • am12時 昼食
  • 昼寝
  • am3時 おやつ
  • 子供と自由遊び
  • pm6時 延長保育
  • pm8時 閉園

このような一日の流れとなっており、基本的に遊び、食事、睡眠となっています。子供にはしっかりと遊ばせしっかりとご飯を食べてしっかりと睡眠を取ってもらうという事です。

まず開園が保育園によっても違うと思いますがだいたい朝7時ぐらいだと思います。保育士の先生は朝7時よりずっと前から準備しなくてはいけません。

例えば化粧の時間や家から保育園までの通勤時間を考えて準備しておかなければいけません。保育士さんはエプロンを洗濯しているような時間はあまりない事がわかります。

そして保護者から子供をしっかりと預かります。その後の朝礼で様々な確認が行われ、声出しをする保育園など保育園によって違いますがあります。

このように保育士は出勤後に掃除や子供の受け入れ朝礼といった事からスタートし子供達に挨拶など生活する上で、人間として必要な事を子供達に教えています。

その後怪我をしないように準備体操をして子供達と自由に遊びます。この時に保育士は子供達を自由に遊ばし、自分たちは子供達の補助をするといったイメージです。子供が遊びたいように遊ばせればいいんです。

それから昼食の時間に入りますがここでは食べ方などきちんと手を洗うように指導したりします。

食べ終わると昼寝の時間にさしかかり、なかなか寝付けない子や暴れている子などに対して寝かしていきます。寝そうな子から一人ずつ寝かす事が全員を素早く寝かす事だと私は思っています。一つのテクニックです。

規定の時間になると子供達を起こして布団のかたずけさせます。年中、年長になると自分でできる子が多いのでできない子の補助にまわります。

その後子供と遊び、保護者が迎えにきた子供から帰宅していきます。遅くなる保護者も多く保護者が来るのを一緒に待っています。

全員帰るとやっと閉園しますが、行事の計画などする事がまだあり帰る時間は非常に遅くなります。気ずいたらエプロンはかなり汚れておりエプロンの事なんて考えていません。

エプロンも家に帰って洗濯も面倒ですぐに寝てしまいますので必要以上に持っておきましょう。

保育士エプロンどこで買う?

このページの先頭へ