保育士の需要が高まっている!

ここ数年、少子化という問題と高齢化という問題が多く取り上げられていて保育士の需要はあまりないんじゃないか?仕事が少ないんじゃないか?と思われている方もいると思います。

しかし現実は保育士を必要としている保育園は多く、その要因として出産後も働き続けたいという女性が増え子供を預ける女性が増えた事が言えます。

また子供を持つ女性の仕事の勤務時間や不規則な休日はもはや当たり前となっています。そんな多様化する女性の勤務時間に対応するために保育園は保育時間の延長や様々なサービスを展開している。今後はそういったサービスの拡大が期待され、保育士の需要が高まっている。

そういった特殊なサービスの中で一番広まっているのが延長保育という制度です。延長保育とは子供を11時間を超えて預かる事です。保育士は延長保育のために月で契約したり、時間単位で契約したりしています。

一般的には常勤で勤務している保育士が残業として延長保育を行う。また休日保育や夜間保育といった短時間保育士が勤務する事もある。

さらに企業として優秀な人材を出産や育児をきっかけに失う事が多く、防止のために企業内に保育施設の設置をする企業が増えてきており現在注目を集めている。

また保育士の資格は保育園だけではなく乳児院、児童養護施設、知的障害者施設などで保育士を配置する義務が課せられていますので様々な所で保育士の資格は有効なのです。

世間一般では保育士の資格は保育園だけだと思われがちですがエプロンを着けて幼児の世話をする事だけではありません。エプロンを着けて障害者の世話をする事も保育士の役割なのです。

保育士エプロンどこで買う?

このページの先頭へ